株式会社MUGEN 会社概要・沿革

MUGEN

マイナビ2017 ハリケンナビ 採用強化特集

Company Overview―会社概要―

社名 株式会社 MUGEN(MUGEN, Inc.)

[由来]
企業理念『すべての人の「幸せの力」に!!』を実現するために、自分たちの”無限の可能性”を信じて、全てのことに挑戦したいという思いを込めてMUGENと名付けました。

本社 〒153-0051 東京都目黒区上目黒3-9-5 プラ―ジュメグロ101 [GoogleMAP

[立地]
東急東横線・地下鉄日比谷線 中目黒駅 徒歩1分とアクセスに優れています。中目黒はセンスの良いお店がたくさんあり、有名人に出会うことも多い街です。

創業 2006年4月9日

[出来事]
マリナーズのイチロー選手がシーズン最多安打記録を84年ぶりに更新。アテネオリンピックで活躍した北島康介選手の「チョー気持ちいい!!」という言葉が流行語大賞に選ばれた年に創業しました。

代表者 代表取締役 内山 正宏

[想い]
代表になって早10年目経ちましたが、これからも日々学び、成長し続けることで、日本からもったいないをなくす、”もったいないプロジェクト”を発展させるとともに、最高の仲間と一緒に、かかわるすべての人の幸せのためにまい進してまいります。

事業内容 ・日本からもったないをなくす
・明日への活力を生み出す
従業員 100名(社員40名、キャスト60名)

[増加数]
ここ数年は毎年20%ずつ増え続けています。人と組織の成長を見ながら、身の丈にあった範囲内で店舗を増やしていく予定です。今後、社員数が増え、数百人の規模の会社になっても、ファミリーのようなアットホームな雰囲気を大切にしていきたいと思います。

グループ会社 株式会社BRIDGE

History―沿革―

2006年 なかめのてっぺん本店Open

[出店エピソード]
前職(てっぺん)の独立社員一号として、「てっぺん」の想いを受け継ぐため、屋号を「なかめのてっぺん」と名付ける。内山の料理人としてのこだわりと商売センスから、当時では珍しい炉端業態を立ち上げた。
Open後、即繁盛店となり、現在は有名人も多数通うお店となっている。料理やサービスだけでなく、隠れ家的な雰囲気も人気を博す理由の1つだと言われている。なかめのてっぺんの成功をきっかけに居酒屋業界に炉端業態が広がった。

2008年 ふたつめOpen

[出店エピソード]
なかめのてっぺん本店の隣にお店を出すことになる。隣の店舗が繁盛している場合は、通常は増築するが、なかめのてっぺんの隠れ家的な良さを消してしまうため、全く違う業態を立ち上げることになる。なかめのてっぺんと差別化し、若い人を対象にした串揚げを中心にした客単価2500円のお店にする。中目黒の地元の方に使っていただけるお店として、夜遅くまで賑わうお店となった。当時、串揚げのお店が少なかったため、珍しさもあり、オープン初月から売上500万円を超えた。

2010年 なかめのてっぺん渋谷店Open

[出店エピソード]
渋谷駅から徒歩15分と徒歩で行くには遠い場所にお店を出す。NHKの入っているビルと近く、当初はNHKで勤務する方々を対象にお店を出したが、思うように客数が増えずに、集客に苦しむ。地道に近隣の店舗やオフィスにあいさつ回りをしたり、積極的に近隣の店舗に食事に行くなどして、周りの店舗の協力を仰ぎながら、お客様を少しずつ増やすこことができた。MUGENの他店と比べて、集客に頼れない分、紹介したくなるお店にすべく、今まで以上に料理やサービスに力を入れた。

2012年 なかめのてっぺん丸の内店Open

[出店エピソード]
代表内山が尊敬する経営者であるHUGE新川社長が、新丸ビルにRIGOLETTOを出店。その影響を受け、内山も丸ノ内への出店に憧れる。その後、30社のプレゼンを勝ち抜き、丸ビルへの出店が決まりかけたが、どんでん返しにあう。その後、紆余曲折の末、丸ノ内に出店することが決まる。オープンに向けて、1か月前からリーダークラスの人材を投入し準備をする我々の横目に、たった2週間で開店に持ち込むチェーン店を目の当たりにし、圧倒的な生産性の違いに驚く。しかし、現在ではなかめのてっぺんが飲食街の店舗の中で一番の売上を誇っている。

2013年 なかめのてっぺん横浜店Open

[出店エピソード]
丸の内店の出店でお世話になった方の紹介で、横浜のみなとみらいへの出店の話が持ち上がる。当時、横浜港は開港20周年を迎えるが、集客は年々減少していた。三菱地所としては、重要文化財であるドックヤードガーデンを守り続けていくためにも一定の集客力を確保できるお店をテナントとして迎え入れる必要があった。その中の最重要テナントとして、MUGENにお声がけいただく。オープン後から、他の店舗の2倍と圧倒的な売上げを誇り、三菱地所の中で確固たる評価を確立するに至った。

2014年 ふたつめをリニューアルし、はまぐりや串座衛門Open

[出店エピソード]
毎月500万円以上だった売上が500万円を頻繁に割り込むようになり、やがては400万円を切ることも出てきた。テコ入れが必要だと考えていた際、内山は三重県桑名のはまぐり屋を見学する。見学後の会食中にはまぐりの味に惚れたこともあり「俺、このはまぐりでお店やりますよ!」と約束をしてしまう。東京に帰り、冷静に考えると「はまぐり専門店」は他にはなく、尖ってはいるが、お客様にとって日常的に使うお店になることは難しいと思い、串揚げを残しつつ、こだわった焼きはまぐりを全面に押し出した新しい業態をオープン。以前のように月間売上高500万円を取り戻し、好調をキープしている。

なかめのてっぺん品川店Open

[出店エピソード]
品川駅の港南口は一流企業が入るオフィスビルが立ち並び、オフィス人口は多い。また、新たなオフィスビルが建設されたり、品川と田町の間にできる新駅やリニアモーターカーの駅ができるなど、今後の発展が見込める街である。しかし、飲食店はチェーン店が多く、かつキャッチが多いことから、ビジネスマンのニーズに合ったお店が少ないと睨んでいた。そこで、本物を追求したお店をやることで、なかめのてっぺんが品川の街の資産になるべく取り組むことを決意する。MUGENの他の店舗に比べると小規模だが、その分顧客との距離は近く、お客様の反応を間近に見ることができ、やりがいを感じる環境である。

築地もったいないプロジェクト魚治Open

[出店エピソード]
これまで居酒屋業界の流行は、【内装が良いお店→接客が良いお店→食材の素材が良いお店】と移り変わってきた。そして今、素材だけの勝負ではなく、調理技術が問われる時代になっているが、この環境は内山が料理人出身であることが、MUGENが他社に対する優位性につながっている。その調理技術を活かし、手をかければ生まれ変わる食材を見つけた。それがもったいない食材だった。素材のままの出すのではなく、ひと手間かけて、価値を加えることで、お客様に喜んでいただくことができる。魚治はスタート以来、日によっては予約の電話が鳴りやまず、嬉しい悲鳴をあげる程、順調なスタートを切ることができた。この成功は、MUGENの新しいビジョンに向けてスタートする大きなきっかけとなった。