株式会社MUGEN 採用ページ

MUGEN

マイナビ2017 ハリケンナビ 採用強化特集

社員が語るNo.01

  • 統括マネージャー 堺 裕美
  • 役職名 江袋 登志男

Q.1MUGENを知ったきっかけや入社の決め手となったことを教えてください。

堺 裕美

堺_元々飲食店で働くつもりはまったくありませんでしたが、当時アルバイトをしていた和菓子屋の同僚から「今度オープンする居酒屋を手伝ってくれない?」と声をかけられたのがMUGENという会社を知ったきっかけでした。その後、アルバイトの同僚と内山社長から熱心な誘いを受けて、「内山社長と一緒に働いてみたい!」と社長に惚れたことが入社の決め手です。当時は京都の実家に住んでいましたが、一念発起して、東京に出てきました。その後、社長と一緒に現場に入ったことはほとんどありませんが・・・(笑)

江袋 登志男

江袋_前職も飲食店で料理人として働いていましたが、そのお店の同僚の誘いで、MUGENのお店(なかめのてっぺん本店)に行きました。そこで見たお店と炉端の雰囲気に惚れ、「俺もこんなところで働いてみたい・・・」と思いました。このお店が気に行って、一人でお店に通うようになったある日、内山社長から、「江袋さん、忙しいから手伝ってよ!」と言われ、キッチンで皿洗いをしました。お店を閉める頃に、「江袋さん、楽しそうに働いていたね。うちで働きたいんじゃないの?一緒に働かない?どう?」と誘っていただき、入社することを決めました。

Q.2どんな時に「この会社、普通じゃない!」と思いますか?

堺 裕美

堺_何といっても、新しいお店がオープンする度に大繁盛するところですね。オープンして数ヶ月は社長の知り合い、取引先業者様とそのご家族、MUGENの他店舗の常連のお客様が大勢いらっしゃいます。お店は人が溢れていて、熱気ムンムン。楽しい雰囲気に包まれています。お店を回す側は、お客様の高い期待値を超えるべく、必死になって仕事をします。たくさんのお客様が来てくれて、まさしく「嬉しい悲鳴」です。この大繁盛の状態を乗り越えることで、スタッフの連携のレベルが上がり、チームとしての一体感が高まります。その結果、お客様がお店のファンになってくれて、リピーターとして、何度も足を運んでいただけます。お店を何店舗も出していると、繁盛しないお店があるのが普通だと思うんですが、MUGENは普通じゃないですね。

江袋 登志男

江袋_私が、「この会社、普通じゃない!」と感じるのは仕事も遊びも一生懸命なところですね。例えば、毎年夏になると、頑張ってくれているアルバイトさんを労うために、BBQ大会をやるのですが、これが普通じゃないんです。社員・アルバイト全員が参加するBBQ大会で、総額100万円をかけて、ありえない高級食材、例えば伊勢海老や超高級熟成肉などを惜しみなく振る舞う大人のBBQ大会です。他にも、スタッフの結婚式で、マグロの解体ショーをやったりもしました。堺さんの結婚式では、会社メンバーが段取りを立て、ほとんどの準備をやっていましたよね。普通は社員の結婚式の段取りを会社でやらないですよね(笑)MUGENは「人に喜んでもらいたい」という気持ちが強い会社だから、普通じゃないレベルまで、やっちゃうんだと思います。

Q.3普通じゃない会社の良さって、どんなところですか?

堺 裕美

堺_まずは、飽きずに仕事を続けられるってことですね。仕事って、実は同じ作業の繰り返しという側面があるので、そればっかりやっていると、やっぱり飽きてきますよね。でも、うちの会社は普通じゃないですから、毎年のイベントでも、同じ内容ではなく、どんどんバージョンアップしていきます。これは、やっぱり面白いですよね。次に、自分の知らなかった可能性を最大限に引き出せることじゃないでしょうか。MUGENでは普通じゃないことが起こりますから、そんな出来事に直面し、それを乗り越えていくことで、新しい自分を知ることができます。「あっ、自分ってこんなことができるようになってる・・・」と後から成長を感じるシーンも少なくありません。MUGENという会社は、自分に起こる事象すべてを自分の成長と捉え、自分の可能性を伸ばしたい人や仕事好きな女性に向いている会社だと思いますよ~

江袋 登志男

江袋_私も、堺さんと同じ意見です。自分の可能性を発見したい人にはMUGENという会社は向いていると思いますね。あとは、人に喜んでもらいたいと思っている人も合っていると思いますよ。この会社は「人に喜んでもらいたい」という強い想いがベースにありますからね。仕事をしていて、お客様からお金をいただいているのに「ありがとう」と言われた時やそのお客様との関係が仕事を超えてプライベートのお付き合いに発展していくのは嬉しいですよね。お客様から「江袋さん、今度プライベートで飲みに行こうよ!」と誘っていただけた時には、「この仕事をしていてよかった!」と思う瞬間です。これは私だけではなく、多くのスタッフが同じようにお客様とプライベートでお付き合いしていますよ。ここまでお客様とスタッフの距離が近い会社って、あんまりないですよね。普通じゃない会社には、普通じゃないメンバーが集まってますよね。